FC2ブログ

小松川教会よりあなたへ

東京都江戸川区北葛西にある日本基督教団小松川教会ブログです。ホームページ委員会が更新していきます。




ページェント礼拝 :: 2018/12/06(Thu)

教会の暦では、アドヴェントの始まりが新年でございます。

クリスマスに向けて緊張感のある日々となります。
キリスト教主義の保育園幼稚園、学校でも、
おそらくは1年で一番盛り上がる(!?)季節でしょう。
小松川教会附属白百合保育園でも、12月は何と言っても「ページェント礼拝」です。

「ページェント」とは、イエス・キリストの降誕場面を劇にしたもの。
ヨーロッパやアメリカでは、町ぐるみ村ぐるみ総出で
一年かけて準備する大がかりなものもあるそうです。

保育園でも、年長クラスの子どもたちは内容もわかっていて、
どの役も大切だと理解していますが、
だからといって、どの役でもいいや、とはなりません。
やっぱり、憧れの役・やりたい役があるわけです。
で、子どもたちは納得いくまで話し合いをします。これは大切なプロセスです。

年中クラスの子どもたちは、男の子はローマの兵隊さん役
女の子は天使の役と決まっていますが、
時々、男の子でも天使がやりたかったりして、ちょっとだけ葛藤している子もいます。

3歳クラスは羊飼い、2歳クラスは宿屋さん、0・1歳クラスは「羊」。
小さくとも子どもなりに、役の大切さはよく分かっています。
一生懸命やろうとしています。…でも、そこはやっぱり幼い子どもですから、
その日のご機嫌や体調で、あるいは緊張で、いろんなことをやらかしてくれます。

おふざけに走る、頑として動かない、泣く、座り込む、ぐにゃぐにゃする…。
何でもない時には可愛い姿も、「ここ一番」って時にやられると、もう!

幼い子どもの葛藤する心に寄り添ってあげたい、とは思うものの、
1人に寄り添うと、ボクもワタシも、と収拾がつかなくなるのがお子様がたの常。
時には叱り時には一緒に笑い、何とか事を進ませる保育士はすごい!と思います。

こういう時こそ、大勢の中の一人じゃないよ、
あなたが大切なんだよ、と伝えてあげたい。
ページェント礼拝がんばろうね、だけじゃなくて神様の愛を伝えてあげたい。
と、わたしも葛藤しつつ、子どもを「ほら!こっち」と並ばせているわけです。

今年もリアル「戦場のメリークリスマス」です。ふふふ。

澤田直子




  1. 牧師のつぶやき