FC2ブログ

もうすぐアドヴェント

教会にとっては、11月に入るともうクリスマスまでノンストップ。
まず、11月の第1週に「聖徒の日」というのがあります。

これは、その教会の創立から今までの教会員で
すでに天に召された人たちを偲んで、
共に礼拝を献げる、というもの。礼拝後に墓前礼拝もします。

第2週は「子ども祝福式」 教会版の七五三ともいえるかも。
ただし、男女や年齢は関係なく、おおむね小学生くらいまでを対象とします。
イエス様が、子どもを抱き上げて祝福された故事にちなんで、
牧師が子どもの頭に手を置いて、祝福を祈ります。

第3週は何もない年もあって、
第4週が収穫感謝礼拝。
聖書由来の行事ではありませんが、(教会史由来かな?)
果物や野菜を持ち寄って分かち合います。

で、12月に入ればアドヴェント。日本語では「待降節」
待降の「降」は「降誕」の「降」ですね。
イエス様がお生まれになったことを、
天から世に降りて来てくださった、ということで、
降りる、という字を使います。

この日を待つ期間がアドヴェントです。
クリスマス礼拝から4週前の日曜日(今年は12月2日)から始まります。
世の中では、ハロウィーンが終わるとすぐにクリスマス仕様になりますが、
教会ではアドヴェントを待ってツリーやリースを飾ります。

アドヴェントクランツに4本のキャンドルを立てて、
1週ごとに火を灯すキャンドルを増やし、
全部に火が灯ればクリスマス。
わざわざ時間をかけ、手間をかけて、待ち望む気持ちを表します。

小松川教会でもたくさんのクリスマス行事が予定され、
皆さん準備に追われています。もちろんわたしも。

でも、できるかぎり、一回一回を大切に、
そこにいる人たちとクリスマスを喜びたいと思っています。
明後日からいよいよアドヴェント。がんばろ!

澤田直子


プロフィール

小松川アイコン
小松川教会ホームページ委員会

Author:小松川教会ホームページ委員会

小松川教会は、「聖書は神の言葉、全人類にとっての救いの言葉」と信じる健全な聖書信仰に立つプロテスタント教会であり、全国に約1700余教会ある日本基督教団に属しています。

モルモン教、ものみの塔、統一教会とは一切関係ありません。
澤田武主任牧師

澤田武主任牧師

澤田武主任牧師


澤田直子牧師

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター