FC2ブログ

小松川教会よりあなたへ

東京都江戸川区北葛西にある日本基督教団小松川教会ブログです。ホームページ委員会が更新していきます。




行ってきました、三宅島 :: 2018/10/25(Thu)

10月14日、夜10時35分出航の橘丸で、
三宅島に行きました。観光じゃなくて、
武牧師が三宅島伝道所の夕礼拝奉仕に行くので、
一緒に行ったのです。

もしものことがあるといけないので、
夫婦二人で飛行機や船には乗らないようにしてきました。
が、三宅島伝道所の信徒さんは二人。
そして今、建物はなく、常駐の牧師もいません。
東京教区東支区が、応援に力を入れていて、
何人かの牧師が交替で月に一回、礼拝奉仕をしています。

東支区では、牧師だけでなく、誰か一緒に行ってほしいと、
毎回2人分の旅費を予算化して用意しています。

今回も何人かの方をお誘いしたのですが、
興味を示してくださる方は何人かおられたものの、
日程が合わなかったりして、結局は
「誰もいなければ、わたしが行きましょう」となりました。

行って良かったです!本当に。
船に6時間半(帰りは7時間半)乗る経験もさることながら、
「島」というところに行くのは生まれて初めてでした。
しかも、20年おきに火山が噴火する、という島ですよ。

一周40キロくらいの島の、真ん中部分は立ち入り禁止区域、
広範囲に、真っ黒の溶岩が流れて固まっていて、
草一本ないところもあるし、あれは実際に自分の目で見て、
そこの空気を吸わないとわからない類のことでした。

驚いたのは、海水浴場の砂浜が真っ黒だったこと。
そもそも火山の噴火でできた島だから当たり前なんですけど、
海、という言葉に対して、白い砂浜と青い海という
ステレオタイプのイメージができあがっていたわたしには、
(海のない栃木県で生まれ育ったもので・・・)
見たこともない、想像もしなかった光景でした。

これから三宅島伝道所はどんなふうになって行くのか。
小松川教会に来なければ、関りのなかったであろう、島の伝道。
重い祈りの課題をいただいた思いをもって、帰ってきました。

船の出航は電車と違ってゆっくりです。
小雨の中、傘も差さないで桟橋に立って見送ってくださった
信徒さんの姿。忘れがたい2泊3日でした。

澤田直子


  1. 牧師のつぶやき