FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

「わたし」という悲惨!?

2018年04月26日
たまには牧師らしいことを書こう・・・
過去に書いたブログを少々読み返してみたら、
保育園関係の事の方が多かった気がしました。
本業は牧師なんです。はい。

水曜日は小松川教会の「祈りの日」
早天、第一、保育園職員、第二、と4回の祈祷会、
その後「聖書を学ぶ会」があって、終わりは夜の十時。

先週まで「詩編」を読んでいましたが、
めでたく150編まで読み終わったので、
今週から「ハイデルベルク信仰問答」を読もう、と
いうことに相成りました。

15年くらい前でしょうか、
洗礼を受けて間もない方が、「もっと学びたい」と
希望されて、1年かけて読んだことがありました。

第二の問答に、わたしたち人間の「罪の悲惨さ」という
言葉が出てきて、これが心に引っかかっています。
そんなことない!というのではなくて、
そうだ、「悲惨だ」ってことがわかっていないなあ、と。

ローマ書7章18、19節にある通り、わたしもまた、
「自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている」
しかしその悲惨さには気づいていない時の方が多いのです。

やるべき事とわかっていて実行できない。
言わない方がいいことを口に出してしまう。
心から「寄り添う」ことができない。形だけ。
怒りをくすぶらせて、心の底では和解を拒んでいる。
敵(いるんです、わたしにも!)の祝福を祈りたいと思いつつ、
神様が報復してくださることを、どこかで望んでいる。

そんなことをつらつらと考えつつ、
でも、だからこそ、イエス・キリストの十字架の贖い、
これしかない、他にはどうにもできないとわかったのですから
わたしの悲惨さも全く役に立たなかったというわけでもないか・・・

あらためて、神様の無償の愛のすごみを
考えさせられました。ただ感謝です。
もう少し時間をかけて考えて、心に深く沈ませたいな。

澤田直子





未分類