07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

理想が邪魔をする!

2017年07月26日
「理想の自分」って、持っていますか?

聖書を読んでいると、
紀元1世紀ごろのユダヤ人が救世主を求める気持ちは、
本当に、とんでもなく強かったんだなあ、と思わされます。

でも彼らは、イエス様をメシア(救世主)と認めることは
絶対にしませんでした。
それどころか、十字架につけて死なせてしまった。
これは、ユダヤ人が長い年月をかけて造り上げてきた
「理想のメシア像」があって、イエス・キリストはその理想像とは
ずいぶんと違っていたからだと思います。

何が言いたいか、といいますと。

わたしたちは「理想のわたし像」を持っている。それはいいのです。
理想像に向かって努力するのは悪いことではありません。
注意しなければならないのは、理想像は実像ではない、ということ。
実際には存在しないものですから、どこまでも膨らみます。
そして、まだ届かない、まだ駄目だ、と、
決して満たされない努力を続けることになる。
現実の自分を、理想像から引き算してしまいます。
リアルな今の姿を見ないで、ありもしない理想の姿だけを
見ても、無いものねだりで満足できるはずがありません。

幸せに生きようとして作りあげてきたはずの理想像が、
幸せに生きることを邪魔するのです。

聖書は、「今、ここ、わたし」を喜んで、大切にしなさい、と
教えてくれます。(はっきりそうと書いてあるわけじゃないけどね)
神さまは、「理想のわたし」を愛しているのではなくて、
今ここにいるわたしを愛してくださっています。
弱くても、貧しくても、小さくても。

とはいえ、おチビのわたしは、洗濯物を干すたびに、
「あと5センチ身長が高かったらいいのに!」なんて
つまらない文句を言ってしまうんですよね・・・
神さま、ごめんなさい。明日は文句いいません!

澤田直子

牧師のつぶやき