人生は生涯現役  4月17日 中高科週報より
オリンピックで金メダルを取った、競泳の北島康介選手と、マラソンの野口みずき選手が現役引退を発表しました。
彼らがオリンピックで金メダルを取った時、日本中が興奮で包まれました。
彼らの活躍に勇気付けられた人も多かったでしょう。

スポーツ選手が現役でいられるのは、十分な力を持っている若い時期に限られることが多いです。
より速く、より強く、より美しくと自分を鍛え、自分の可能性を信じ、限界に挑戦し続けた姿には、ただただ頭が下がります。

たとえ金メダルが取れなくても、オリンピックに出られなくても、またスポーツ選手でなくても、人が一所懸命に何かに打ち込んでいる姿というのは、本当に美しいと思います。
北島選手、野口選手が金メダルを取った時に、多くの人が感動したのは、彼らが日々悩みつつ苦しみながらも懸命に練習をしてきたことを知っていたからです。

私たちだって同じです。
仕事、勉強、趣味、スポーツ……などなど、対象は何でもいいので一所懸命やりましょう。
「もしも期待通りの結果がでなかったら……」と考えちゃうかもしれません。
でも、そんなことは後で考えればいいのです。
結果ではなく、プロセスを大切にしましょう。

2016年の小松川教会の標語
「怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい」(ローマの信徒への手紙 12章11節)から力をもらって、みんなで人生の金メダルをもらいましょう!!

(文責 NOBU)
【2016/04/17 13:24 】 | 中高生のあなたへ | page top↑
| BLOG TOP |