中高科週報より
イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えてから、座っている人々に分け与えられた。
また、魚も同じようにして、欲しい分だけ分け与えられた。
(ヨハネによる福音書 6章 11節)

必要なのに無い……。
そうすると、虚しさと悲しさと不安がつのります。
いつしかネガティブ思考にはまって行き、心は闇の中―ー。
でも、神様がいらっしゃいます。祈りましょう! 与えられるように!!
神様のとる方法は、人間の考えをはるかに超えています。
わずかなものでも、何倍にもしてくださいます。
ちっぽけなものでも、尊く用いてくださるのです。

人間に対しても同じです。
どんな人でも尊く用いてくださるのが神様です。
世界で最高の人事部長みたいですね。
でも、戦場で用いられるのだけは嫌ですよね。
神様もそんなことは望んでいらっしゃいません。
戦争で殺し合いをするために神様は人間を作ったのではありません。
私たちも隣人を大切にしましょう。愛し合い、守り合いましょう。
神様の喜ぶ様子が想像できます。

もうすぐ終戦記念日です。
愚かな人間の犯した大きな罪は、もうこれで終わりにしたいですね。

そして、神様、平和を与えてください。
全ての人々の上に!
【2015/08/09 13:52 】 | 中高生のあなたへ | page top↑
| BLOG TOP |