05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

10月6日 中高科週報より

2013年10月08日
先日、神学校(牧師先生になるためにその勉強をする学校)に通っているお友達のお証(神様との出会い、など神様と自分の事についてのお話)を聞くチャンスがありました。
彼女は神様を知って中学2年生で、神様を信じますと告白し神様とともに生きる約束である洗礼を受け、そしてなんと献身といって、神様に身も心も捧げる決意をし、牧師を志したそうです。
しかし親御さんの猛反対を受け、一度は断念し、違うかたちで神様にお仕えしよう、としたそうです。
大学進学→卒業→就職、順調に過ぎていった人生でしたが、彼女のなかでやはり思いは捨てきれず、洗礼を受けてから12年後、神学校入学を果たしたそうです。
きっと、神様の時はあの頃ではなく「今、このとき」だったのでしょうね。
私も27年間、神様を知らずに生きてきました。
でも、しょうもないことばかりしてきた私を、神様は生かし、そして赦してくださり、愛してくださり、ご自分のところに招き入れてくださいました。
私には、この偉大な方に対して何ができるでしょうか。
いつも感謝の気持ちをもって、何かわからないけど神様のお役にたてるように。
そんなふうに生きていきたいな、なんて歩いていて思いました。 
だってさ、もらったら、お返ししないとね♬

文責:mariko
中高生のあなたへ