5月22日 中高科週報より
ついこないだ5月に入ったと思ったら、もう残すところわずかです。
新しい生活にもそろそろ慣れてきたでしょうか??
この4月から初めてキリスト教に出会い、
神様の存在を知ったお友達もいるかもしれません。
そんな皆さんは本当にラッキーで、神様によって選ばれたことは
本当にすばらしい事なのです。
この幸せを自分ひとりのものにしないで、
是非多くのお友達に知らせてあげてください。
そして教会に誘ってみてください。
そして皆さんが手に持っている聖書は
「神様からのラブレター」と言われています。
どうぞ開いてみてください。神様からの愛のことばが
たくさんかかれてあります。
今は神様のことがわからなくても、必ず一人ひとりのちょうど良い時に
神様は大切なものを教えてくださいます。
一つみことばをご紹介します。

「主は必ず良いものをお与えになり私たちの地は実りをもたらします」
詩篇85:13

天から日が照り、雨が降り、風は送られて地はものを生み出します。
降り注ぐ天の恵みにうながされて地は生命を育てます。
人間も同じです。
なくてはならないものを天から受け取りながら、自分の小さな花を咲かせるのです。

                          文責:Yuri

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2011/05/27 15:55 】 | 中高生のあなたへ | page top↑
| BLOG TOP |