FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
星を食べた話
保育園の給食で、スープに輪切りのオクラが入っていました。
2歳の男の子がスプーンにすくって、じーっと見て、
「これなあに?」と聞くので、
「オクラっていうお野菜だよ。お星さまみたいな形でしょ?」
と、答えました。
「ふうん・・・」としばらくながめてから、パクリ。
美味しかったのでしょう、他の具には見向きもせず、
オクラを探してはすくって食べていました。

その様子を見ていたおとなりの子どもが、
「それ、なあに?」
「ほちのおやたい」(星のお野菜)
「おいしい?」
「おいちい」
という、可愛らしい会話があって、
おとなりさんもパクリ。

見ていて楽しくなってきたわたしは、
「おいしい?どんな味だった?」と聞いてみました。
すると、世にも真面目な顔で、「ほちのあじ」(星の味)
おとなりさんも、
「ほしのあじがする」

さて、星の味って・・・どんな味なんでしょう。

ここまではメルヘンな話なのですが、
オクラを全部食べてしまった子が、
なおもスープをかきまわしてオクラの白い種を見つけました。
「これ、なあに?」
「オクラの種だよ。まん丸だね。」
「ふうん。イクラじゃないの?」
オクラの種だからイクラだと思ったのでしょうか。

北海道や青森でもあるまいし、
保育園の給食にイクラは出ないだろう、と
笑ったことでした。

子どもの世界はおもしろいですね。

澤田直子
暑い夏!
暑いですね!!!
朝はとにかく空気の入れ替えと思って窓を開けるのですが、
朝の5時でも、生温かい風がもわ~っと入ってきます。

わたしは生まれも育ちも栃木県宇都宮市です。
宇都宮市の夏と言えば、夕方の雷と雨。
そりゃもう、すごい雷で、ガラガラではなくピシっという感じ、
雨も、一時ですが前が見えないような激しさで降ることも。
その代わり、雷と雨が過ぎ去ると、暑さも去って、
夜はかなり気温が下がり、しのぎやすくなります。
宇都宮に住んでいた間、とうとう冷房は使わずにがんばっちゃった。
ま、経済的な理由もありましたけど。

まだ子どもたちが小さかったころ、雷と雨を怖がってうるさいので、
「よし、今日はカミナリゴロゴロ露天風呂だ!」と
道路に面している浴室の窓を全開にして、(誰も歩いてないし)
雨が吹きこむまま「どうせ濡れるんだから大丈夫」と水風呂に入り、
ピカッと光ったら「もぐれっ」と号令をかけて、
ギャーギャー大騒ぎしたことがありました。あれは楽しかった。
今でも思い出話で、「カミナリゴロゴロ露天風呂・・・アホなことしてたよねー」と
笑っています。

牧師になってからは、雷が来たらパソコンは使えないので、
空模様とにらめっこしながら、原稿を作っていたなあ・・・
もうひと息のところで遠雷が聞こえると、続けるかやめるか、葛藤しました。
電話が通じなくなったり、雷トラブルは何度か経験しました。

東京では、かわいらしい雷で、ゆっくりと眺めていられます。
落雷の心配なく、いつでもパソコンが使えるのはありがたいことです。
でも夜になっても明け方になっても、全然涼しくならない!

ま、何でも、どこでも、プラスマイナスがあるよ、ということですね。
あと一週間くらいは、この気合の入った暑さが続くようです。

皆様、熱中症にご注意ください。
そして、コロナウイルスから守られますように!

澤田直子
夏休みはどこへ?
急に暑くなりました。
昨年は、他教会の牧師が夏休みを取るので、
代わりに礼拝説教のご用で出かけたりしましたが、
さすがに今年はそんな依頼は一つもありません。

毎夏、たった一泊ですが、1人で出かけることにしていました。
わたしは時々一人になりたいタイプの人間なのですが、
家や教会にいるかぎり、それは限りなく無理な話なので、
年に一回だけは「プチ家出」をさせてもらっていました。

でも、今年はできませんよ、やっぱり。
「東京の人は来ないでね」って言われるに決まってる。
実家の母(栃木県在住)にも「来ないでいいよ」って
言われるくらいですから。

「来ないでいいよ」はまだしも、
「来ないよね?」って念を押された人も知り合いにいて、
コロナウイルスの感染者数を見ると、
まあ仕方ないね、それはそうでしょうね、と思います。

ところで、「コロナウイルスの感染者数」って早口言葉みたいだと
思いませんか?ワタクシ未だ3回続けて言えたためしがありません。

さてさて、牧師の夏休みは、役員会に諮って決めます。
今年は派遣神学生がいるので、日曜日を休む絶好のチャンス。
さてどこの教会の礼拝に行こうかなあ、と夢見ていましたが、
これもオジャンです。

一応、9月になってから5日間お休みをいただきました。
ある役員さんは「先生、もうちょっと長く休まれたらどうですか?」と
言ってくださったけど、「だって、どうせ、どこにも行けないんだもん・・・」
どこにも行かないなら、休みを取ったところで、
いつもと同じパターンの生活になるに決まってるわけで。

だから、タイトルの「夏休みはどこへ?」は
どこへ行くんですか、どこで夏休みを過ごすんですか?・・・ではなく、
夏休みはどこへ行っちゃったんですか?的な思いですよね。

人間、生きて行く限りは、誰にでも、人生のどこかで
こんなふうに「じーっと我慢して、息をひそめて、時が過ぎるのを待つ」
時期があるんだと思います。

こういう時、わたしが口ずさむのは、
讃美歌21のアドヴェントの歌「見張りの人よ」
いつ夜が明けるのかはわからないけど、
今日一日分だけは、とにかく夜明けに近づいたんだと思って!

澤田直子




プロフィール

小松川アイコン
小松川教会ホームページ委員会

Author:小松川教会ホームページ委員会

小松川教会は、「聖書は神の言葉、全人類にとっての救いの言葉」と信じる健全な聖書信仰に立つプロテスタント教会であり、全国に約1700余教会ある日本基督教団に属しています。

モルモン教、ものみの塔、統一教会とは一切関係ありません。
澤田武主任牧師

澤田武主任牧師

澤田武主任牧師


澤田直子牧師

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター