FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
来年の心配
来年はとうとう、東京オリンピックでございます。
残り1年を切ってますね。

今年の、梅雨明けからの猛暑で、
「これ、来年大丈夫なの???」と、
皆さん心配されたことでしょう。

わたしも、誘致の時から
「無理でしょ、暑いでしょ、選手も観客も命がけになるよ~」と
言い続けているのですが、そりゃまあ、
ワタシごときが言ったって決まるものは決まるわな。

わたしは高校生の頃からけっこうな頭痛もちで、
特に冷房に弱いので、電車でもできるだけ4号車(弱冷房車)、
家でもなるべく冷房を使わない方針でしたが、
さすがに35度を超えると、危険を感じます。
昨晩(8月23日)は、窓を開けたらまあまあな感じだったので、
そのまま冷房をつけないで寝ようとしたのですが・・・

1時間後、「こりゃだめだな」と起きてリモコンを捜していたら、
隣の部屋から、もうとっくに寝付いたと思っていた息子の声が
「うん、こりゃだめだな」と。(間のふすまは開けっ放し)
やっぱり、睡眠不足ではろくなことになりませんから。

でも、考えてみれば、人間の住んでいるところって、
寒いところは零下30℃とか40℃とか、
暑い地域では50℃なんてところもあるわけで、
「人間、すごいなあ」と思います。

昔々、夜でも30℃を超えるスペインはバルセロナで、
アラブ人の若者が「寒い寒い」と
セーターを着こんでいたことなど思い出したり。
彼の故郷では、夏の昼間は外には出ない。
日当たりが悪い家ほど家賃が高い。
・・・だそうでした。

とはいえ、もう8月も終わりに近づき、
さすがに朝夕は25℃を切る日もでてきました。
もう一息です。
皆さんの健康が守られますように。

澤田直子


行って来ました、ユースバイブルキャンプ
7月29日月曜日から、3泊4日で、
ホーリネスの群首都圏ユースバイブルキャンプが
開催されました。
場所は「日光オリーブの里」
わたしたちは、宇都宮上町教会時代から、
できる限り参加するようにしています。

一週間の内4日間留守にするのは大変です。
帰ってからがきつい、きつい。
でも、牧師が行かないと、教会から参加する子たちが
どんどん、どんどん、減っていくのです。
信徒時代にそれを思い知っているので、
何とかして、どこか1泊でも行けるように心がけています。

今年は、日程が少し早かったので、
学生の参加者が少なかった。残念でした。
この時期だと大学生はもろに前期試験の真っ最中。

そして肝心の中高生も、
夏休みには入っているものの、
部活や塾の合宿とぶつかることが多い時期。

日光オリーブの里は、とても人気のある施設なので、
希望の日程が取りにくいのは
仕方ない面もあるのですが。

今回一緒になった団体は、
三世代参加みたいな年齢構成で、
小さな子どもを連れたファミリーと、
その、ひと世代上の方々、という感じでした。
学齢期、特に中高生はいなかったな。

それでも、大人にとっても、
聖書づけ、賛美づけで過ごす3泊4日は
とても恵まれた時間でした。

ただ、同年代の牧師と話し合ったことは・・・
「イマドキの賛美は難しい!長い!ついていけない!!!」
息子さんが音大院生の牧師は
「ワタシはかろうじてついていけていますが・・・」とにんまり。

最後の礼拝の最後の賛美に、
「鹿のように」をリクエストした牧師がいて、
若い人たちも応えてくれて、
やっとこさ、全員が歌える賛美にたどりついたのでした。(笑)

来年は、オリンピックの閉会式の次の日から、
同じ場所でキャンプです。
大勢の子が集まれるといいなあ。
そして、わが小松川教会からもぜひとも!

澤田直子
プロフィール

小松川アイコン
小松川教会ホームページ委員会

Author:小松川教会ホームページ委員会

小松川教会は、「聖書は神の言葉、全人類にとっての救いの言葉」と信じる健全な聖書信仰に立つプロテスタント教会であり、全国に約1700余教会ある日本基督教団に属しています。

モルモン教、ものみの塔、統一教会とは一切関係ありません。
澤田武主任牧師

澤田武主任牧師

澤田武主任牧師


澤田直子牧師

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター