FC2ブログ

小松川教会よりあなたへ

東京都江戸川区北葛西にある日本基督教団小松川教会ブログです。ホームページ委員会が更新していきます。




あなたの罪は赦された :: 2018/09/24(Mon)

☆6月3日の中高生礼拝より☆
ルカによる福音書5章17~26節p110(新)


《聖書の箇所を読んで、一緒に考えてみましょう》

1)イエス様は、誰の信仰を見て病の人を癒されましたか。
 (18~20節)
  
2)23節を読みましょう。
あなたは、どちらが易しいと思いますか?

3)26節、見ていた人々の反応はどうでしたか?

答えは↓続きにあります。

>>続きを読む

  1. 未分類

子どもを育てるのは? :: 2018/09/20(Thu)

小松川教会には附属白百合保育園があります。
2016年4月に赴任してから、
火曜日から金曜日の午前中は、保育の現場で
子どもたちと過ごしています。

キリスト教会では、一つには伝道のため、
また、社会に貢献する活動として、
幼児施設を運営しているところが結構あります。

つい2,3日前に、若い男性牧師と幼児施設について話していた時、
「直子先生は、保育園のように長時間子どもを預かる施設について、
反対ですか、賛成ですか?」と聞かれました。

思わず、うーん、と考えてしまった。

うちの保育園は延長保育をしていません。
それでも、朝は7時半から、夕方は6時半まで、子どもを預かります。
こんなに長時間、親と離れていて、
子どもにまっとうな愛着感情が育つのだろうか、と思わないこともない。

でも場合によっては、様々な事情で家庭の中が、
子どもが育っていくにはちょっと厳しい、という時だってあります。
そして日本って、特に母親に対しての目が厳しいと思うのです。

お母さんが大きなプレッシャーの中で、子どもと二人っきりで
一日を過ごすことで、イライラして荒々しい態度になることもあるでしょう。
それくらいなら、大勢の子どもにまぎれて、おもちゃもたくさんあって、
栄養バランスの良い給食も出る保育園のほうが、
子どもにとってはいいのかもしれない。
土日は家族といるわけですし。

けっこう、その場にいた牧師数名と、真面目に話しました。
後になって、自分の中で出た結論は、というと。

保育園の良しあしや、子どもの育ちについての考えは、
それなりにあるけれども、それを正しいとか悪いとかは、簡単に言えません。

でも、目の前に、ひとりの子どもがいるならば、
できることでかかわっていきたい、と思うのです。
わたしは牧師だから、
あなたは神様に愛された子どもだよ、大丈夫だよ、と
よーく、分からせてあげたい。
それだけだなあ、できそうなことは。

澤田直子


  1. 牧師のつぶやき

プレゼントする、という事 :: 2018/09/13(Thu)

9月です。
あれほど暑かった夏がひと段落して、
朝夕は虫の声が聞こえるようになりました。

9月といえば、
教会では敬老感謝礼拝、
こちらは75歳以上の方が対象になります。

保育園では祖父母様招待会。
0歳から6歳までの子どもたちの祖父母様とくれば、
まあ、若い若い、わたしより若い方もおられます。

教会の礼拝では、祝福のお祈りをして、
ささやかなプレゼントをさしあげて、記念撮影をします。

保育園はもっと大がかり、気合が入ります。
子どもたちは、それぞれのクラスでプレゼントを作りました。
お歌や合奏のプレゼントも、と練習もしてきました。

全員のおじいちゃんおばあちゃんが来られるわけでは
ありませんが、来てくださる方々は、どの子の様子も
喜んで、こぼれんばかりの笑顔で拍手してくださいます。

特に0、1歳児なんかは、
もう、泣こうが歩かなかろうが、可愛い可愛い。
出てくるだけで充分、喜んでもらえます。

2歳3歳になると、緊張のあまり
おふざけする子や、固まってしまう子もいますが、
それもまた可愛い。

4歳5歳は立派です。よくこんなに育ってくれたねえ、という
拍手をあびて、誇らしげな顔がまた可愛い。

考えてみると、子どもって、
こんなにも無条件に喜ばれる場面は決して多くないのです。
どうしても、できる・できないで見られてしまう。

だから、祖父母様招待会ですけれども、実は子どもたちに
「ね、あなたたちは、そこにいるだけで、
皆を幸せにする力を持っているんだよ」と
伝えることができる場でもあるのです。

わたしも、当日はお客様席。
にこにこして大きな拍手をおくりたいと思っています。

澤田直子




  1. 未分類