08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016年09月29日
9月25日は、ホーリネスの群結成70周年記念事業の一環で、
礼拝説教をクスマン典子牧師にお願いいたしました。

クスマン先生は、9月10月と2か月のあいだ、日本中の教会を回って
証しと説教をされています。パワフルで熱いメッセージでした。
でも、大きな事故に巻き込まれた後遺症で、今も体中に痛みを抱えておられます。

説教の後も、何人もの方のお話を聞いて、慰めと励ましの祈りを奉げてくださり、
時にはしっかりとハグして、神様の愛を伝えようとしておられました。
イエス様の愛の中に生きておられる方だと思いました。

お帰りになる前に、道路わきに立って車を待っている時、
ふと、「私が左に立ちましょう、右を向かれると首が痛むでしょう」と、立ち位置を変えたら、
「えっ、どうして知っているんですか?すごい!」と驚かれたので、
「クスマン先生!ご自分で説教の時におっしゃっていましたよ」・・・・(二人で笑)

わりとお茶目なクスマン先生でした。
まだまだ、旅とメッセージが続きます。アメリカにお帰りになるまでどうぞお元気で、と、
また、神様がお守りくださいますように、と祈りつつお見送りしました。
牧師のつぶやき

2016年09月21日
台風が来たと思ったら、なんだかあっという間に秋風が吹いていますね。
こちらに来て、「東京ではヒグラシが鳴きません」と聞いてまさかと思ったけど、
本当に、定規で線を引いたように、セミの鳴き声がピタッと止んで、
鈴虫が鳴きだしたのにはちょっと驚きました。

秋の虫の声を美しく感じるのは、日本人くらいだそうですね。
多くの外国人は「ノイズ」と感じるのだとか。もったいない・・・

小中学校の運動会は春の方が多いようですが、
保育園は10月に運動会。
子どもたちが、かけっこの練習をしているのを見るのは楽しいです。
位置について用意して、合図を待つ、というのは、
小さな子にはけっこう難しいことなんですね。

朝夕の気温も下がっている中、みんなが元気で運動会ができますように。
牧師Nでした。

牧師のつぶやき

2016年09月14日
牧師Nのつぶやきです。

わたしたちは夫婦で牧師をしているので、365日、24時間一緒にいます。
「それは大変ですね」と言われたり、「まあ、うらやましい」と言われたり、いろいろです。
夫婦で同じ場所で同じ仕事をする、ってあまりないかもしれませんね。

昨日9月13日は、教派と地区の教師会が同日に重なったので、
わたしはホーリネスの群のほうに、武牧師は東支区のほうに出席しました。
どっちでも、「あれ、今日はおひとりですか?」と聞かれました。そんなにいつも一緒のイメージかなあ・・・。

仲良く暮らす秘訣は?って聞かれますけど、もうそんなのは忍耐に尽きますよ。
わたし、結婚する方のお祝いの御言葉は、必ずローマの信徒への手紙5章3b~5a節を書きますもん。
「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むと・・・」というところ。
ちなみに、うちは今、練達のあたりです。希望が見えている!!


牧師のつぶやき

ダビデの信仰

2016年09月11日
【今週のみことば】

しかし、神の求めるいけにえは打ち砕かれた霊。
打ち砕かれ悔いる心を 神よ、あなたは侮られません
(詩篇51:19)

先週に引き続き、今週も詩篇です。
今週の51編は、全編悔い改めの祈りとなっております。
もしかして「なんか暗いなー」とか思った人、いませんか?

安心してください。
他にも決心の祈り、ちょっと愚痴っぽい祈り、勇気を求める祈り……
詩篇は祈りのデパートみたいな個所なのです。
しかし、もっとも多いのは、やはり神を讃美する祈りです。
祈ることは数あれど、祈る時の気持ちの底を流れる概念は一つ。
ダビデの神様に対する絶対的な信頼です。

でも、実際に詩篇を読んでいると、あの立派なダビデも結構自分と同じような事で悩んでいたりするんだな、と思ったりしませんか?

こんな、神様に対する信頼と愛(信仰)で満ちた詩篇を、むかしのユダヤ人の子どもたちは暗唱し、自分達の祈りの時にも参考利用したそうです。
私たちも真似できそうですよね。
(全部できなくても自分の気になる個所だけでいいのです)
何よりダビデの熱い信仰心を理解するきっかけになると思います。
中高生のあなたへ

牧師Tのつぶやき

2016年09月06日
牧師Tのつぶやきです。
昨日は牧会サマーセミナーで、埼玉県の聖学院に行きました。
テーマは、「牧会者の自己ケア~時間と生活~」です。

少人数で深い学びもできたし、自分自身の生活について、気付きもありました。
小グループでの分科会では、良いお交わりができて、
普段会えない先生方のいろいろな話ができて、感謝なひと時でした。

帰りには、前任地にいた時にたいへんお世話になった、
関東教区事務所に立ち寄りました。
新築した大宮教会も見せていただきました。
地下室が立派だった!でも、教会員の方は、長年なじんだ教会から、
いろいろなことが新しく変わったので、とまどうこともあるようです。
教会も人間も、時間をかけて、ひとつにまとまっていくんでしょうね。

わたしたちも小松川教会に赴任して丸5か月たち、
ようやく電気のスイッチの場所がわかるようになりました・・・なりつつある?かな?

これから、時々、つぶやきたいと思っています。どうぞよろしく。
牧師の「T」でした。
牧師のつぶやき
 | HOME |