10月20日 中高科週報より
小松川教会にて長いこと中高科教師として務めてくださった
Y先生が、めでたく結婚されました。
当日はとってもお天気で、多くのゲストの祝福の声の中、
神様の前で誓いをたて、神様によって夫婦となり、
新たな道を歩まれました。
これからの活躍を心よりお祈りします。
神様を愛する仲間として、今まで毎週のように会っていて、
ともに礼拝を守り、おしゃべりしたり食事したり、
本当に、神様によって仲間とされた、かけがえのない存在でした。
あー、でももう、ふつーに今までのようには、会えないんだなぁ。
ちょっと、ていうか、かなり、さみしいわ(泣)
でも同じ神様を愛する私たちは、神様が創られた空を通して、
つながっている。
遠くはなれていても 同じ空の下で
主を見上げてるなら またいつか会えるね。

どんな悲しみにも、どんな涙にも、答えをくださる。
イエス様を見上げているなら大丈夫。
それぞれの道は違うけれど 不安な事がたくさんだけど
祈って 励まし合って イエス様に ついてゆこう。

これからみんなはたくさんの人との出会いがありますね。
できれば、いろんな人と仲良くしてくださいね。
人との出会いは、宝物です。

文責: mariko

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/10/20 12:00 】 | 中高生のあなたへ | page top↑
10月13日 中高科 週報より
「やっぱ、教会って、礼拝ってすごい!!」

ここのところ、なにかといろいろ忙しくて、
学校の試験があったり、家の手伝いや、
資格の講習会があったりして、


礼拝をおろそかにしてしまっていた。
はい、神様、ごめんなさい。自覚はありました。
んー、よくないな、と思いつつ、だって勉強しなきゃやばいし、
家族のお世話があるし、講習会、日曜しかないんだもん!
なんて、強引に強引に。自分にいいように。

先週の礼拝、後に予定を入れたりせず、
久々に朝からゆったりとした気持ちで中高科の礼拝からお捧げして、
主日礼拝、流れで夕礼拝、と3回礼拝をお捧げすることができました。
神様のお言葉を聞き、たくさんの方とお話して笑い合い、
すごぉく、わくわく楽しかった。
なんていうんでしょう、心が躍るってこんな感じなのかな、
って思いました。
なんか、本当に、“喜び”を感じました。
日曜日の礼拝が、なあなあになっていたこと、とっても反省…。
 
なんだかね、気分が全然違うの!
毎日元気だし、一般の人よかテンションも高い方とは思うけど、
礼拝で満たされてからは、なんかそのグレードが違う(笑)
別にテンション高くなんなくてもいーし、とかじゃなくて
とにかく礼拝をお捧げすることは大切なことです。
自分の行動や考え方の修正というか確認ができる。
迷い道を歩くわたしを、正しい道へと導いてくれる。
礼拝をお捧げするとはそういう意味じゃないかな。  
だからいいつも教会に行ってないとだめだゎね!

文責:MARIKO

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/10/13 12:00 】 | 中高生のあなたへ | page top↑
パイプオルガン設置完了
9月29日
設置完了のパイプオルガン

パイプオルガン設置感謝の時のオルガン演奏(mp3形式)が聴けます

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/10/10 05:43 】 | パイプオルガン移設組立記 | page top↑
パイプオルガン組立
9月17日
 組立作業中の様子
conv0006.jpgconv0007.jpgconv0008.jpg

9月28日 オルガン奉献式前日
 組立完成前の正面           オルガン内部
conv0009.jpgconv0010.jpg

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/10/10 05:23 】 | パイプオルガン移設組立記 | page top↑
パイプオルガン搬入
パイプオルガン設置委員会を組織して、準備を進めて来ました。

すべてが初めてのことなので、何をどうすれば良いか分からない中、必要と思われることは何か祈り求め、準備をし、教会員だけでその日の内に大方の部品はパイプオルガン設置場所に運び入れることが出来ました。
9月15日(日)の礼拝にも支障がでなく、通常通り執り行うことが出来ました。

9月13日
 コンテナが教会前に横付け出来ないため、トラック4台に積み替え、教会まで搬送
conv0004.jpg

 運送業者と教会員で2階仮置き場に搬入
conv0005.jpg

 教会員が手作りで足場を組み、リフトで2階から3階の設置場所へ部品を移動
conv0001_201310092128380c4.jpgconv0002.jpgconv0003.jpg

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/10/10 05:00 】 | パイプオルガン移設組立記 | page top↑
10月6日 中高科週報より
先日、神学校(牧師先生になるためにその勉強をする学校)に通っているお友達のお証(神様との出会い、など神様と自分の事についてのお話)を聞くチャンスがありました。
彼女は神様を知って中学2年生で、神様を信じますと告白し神様とともに生きる約束である洗礼を受け、そしてなんと献身といって、神様に身も心も捧げる決意をし、牧師を志したそうです。
しかし親御さんの猛反対を受け、一度は断念し、違うかたちで神様にお仕えしよう、としたそうです。
大学進学→卒業→就職、順調に過ぎていった人生でしたが、彼女のなかでやはり思いは捨てきれず、洗礼を受けてから12年後、神学校入学を果たしたそうです。
きっと、神様の時はあの頃ではなく「今、このとき」だったのでしょうね。
私も27年間、神様を知らずに生きてきました。
でも、しょうもないことばかりしてきた私を、神様は生かし、そして赦してくださり、愛してくださり、ご自分のところに招き入れてくださいました。
私には、この偉大な方に対して何ができるでしょうか。
いつも感謝の気持ちをもって、何かわからないけど神様のお役にたてるように。
そんなふうに生きていきたいな、なんて歩いていて思いました。 
だってさ、もらったら、お返ししないとね♬

文責:mariko

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/10/08 11:38 】 | 中高生のあなたへ | page top↑
パイプオルガン解体

オランダゼーランド州カペレ市の教会にて


7月24日
 解体中のパイプオルガン
7月24日解体中のパイプオルガン


7月27日
 搬出用コンテナ到着
7月27日搬出用コンテナ到着

7月28日 解体完了
 パイプオルガン設置場所    礼拝堂の講壇側
7月28日解体後のパイプオルガン設置場所 7月28日礼拝堂の講壇側

 パイプオルガン部品コンテナ収納完了
7月28日コンテナ収納完了

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/10/01 04:00 】 | パイプオルガン移設組立記 | page top↑
| BLOG TOP |