05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

6月17日 中高科週報より

2012年06月17日
先週は「花の日」ということで、礼拝後にみんなで西葛西の駅と交番と病院にお花を届けることができました。
日頃お世話になっている地域の方々にお花を持って感謝を伝える事ができて、感謝でした!! 
暑い中、皆さんご苦労様でした。

さて、先週から梅雨に入り、何だか気分が晴れませんね。
雨が降るとどうしても気持ちが落ち込みやすく、力が入りませんよね。
けれども、この自然界では雨はなくてはならないものです。
雨がないと植物や動物に水がいかなくなってしまい、干からびてしまいます。
そうすると自然と私たちの毎日の食卓にも食べ物が並ばなくなってしまい、私たち自身にも影響します。

ですので、雨は必要不可欠なものなのです。
私自身は雨が嫌いですが、雨があるからこそ、その次の日には晴れ晴れとした空になったりして、
気持ちがリセットできるのではないかと思いました。

最後に以前私が書道の先生から頂いた言葉を紹介します。
「止まない雨などあるものか 必ずいつか報われるだろう 
不器用に咲く君の花が良い 」
雨が素敵な花を咲かせてくれると信じて、梅雨を乗り切りましょう!!
文責:YURI
中高生のあなたへ

6月10日 中高科週報より

2012年06月10日
皆さんようこそ中高科へ♪
 最近新しいお友達が多く来てくれるので、とても嬉しいです。
それに、久しぶり〜!の顔ぶれもちょこちょこと顔を見せてくれるし、
いつも来てくれるおなじみのみんなもいてくれて、
中高科の礼拝、にぎやかな感じでいいねー!
 みんな、これからもね忙しい生活だけれど礼拝を守って、神様とつながっていきましょう。
何よりも一番大切なことだからね。
みんなの今の毎日、その全てを与えて下さったのは神様であって、
そのようにしてくださった方が一番お喜びになることは、ありがとうございます、と礼拝を捧げること(教会に来ること)なのです。
私たち命をいただき生かされている者が、するべきことなのです!
 そして教会の友達同士、もっともっと仲良しになってください。
で、私たち教師もその仲間にいれてください(笑)
神様は「隣人を自分のように愛しなさい」と教えて下さっています。
愛ってちょっと恥ずかしい?感じだけれど、
大切にする、とかすごく仲良くするってこと。
学校や地元の友達とはちょっと違う、神様つながりの友達!
みんなが仲良くなって、その輪がどんどん広がって大きくなっていくことを、神様は望んでおられます。
 これからも「日曜の朝は教会いくど!」を、守っていくべし!!
 
文責:MARIKO
中高生のあなたへ

6月3日 中高科週報より

2012年06月03日
6月に入りましたね!!
最近は午前中はカンカンに晴れていても、午後から急に雲が黒くなってきて、雨が降り出したりして、天候が定まりませんね。
 人間の心も、最近の天気のように変わりやすい様に思います。
私は以前、とても仲良く、信頼していた人から、
急にある出来事を通して、非難を浴び、裏切られてしまったという経験をしました。
あまりにも突然の事で、私はその人をどうしてもゆるすことが出来ませんでした。
今でも完全にはゆるせておらず、愛せてはいないと思います。
 皆さんもこれから生きていく中で、自分を愛してくれる人だけでなく
自分のことを攻撃する人に出会うことがあるかと思います。
そんな時、どうやってその人をゆるし、愛する事ができるか、
これは私たち人間の永遠の課題であると思います。
 イエス様は十字架上で大勢の人達からののしられ罵声を浴びて苦しみの中に会いながらも、
「父よ、彼らをお赦し下さい。彼らは自分が何をしているのか分からないのです」と言って、
敵である罪人の私たちのことを憐れんで、とりなしの祈りをしてくださいました。
イエス様は「愛のスペシャリスト」です。
この方にいつも祈られていることを覚えて、私たちも敵を愛する事ができるよう祈っていきましょう。
文責:YURI
中高生のあなたへ
 | HOME |