「マイペンライ」 11月13日 中高科週報より
肌寒くなってきましたね。
風邪が流行っていますので、皆さん暖かくして、
風邪予防してくださいね!!

 ここのところニュースで取り上げられている、
タイの洪水の被害ですが、なかなか水が引きませんね。
私は小学校時代をタイで過ごしました。
洪水はたまにあって、ひざくらいまで水が来ることはありましたが、
さすがに今回みたいに長くは続かなかったので、心配しています。
でも昨日新聞を見ていたら、洪水の中で楽しく泳ぐ子どもがいたり、
水が胸まで浸かりつつも携帯で話すおばちゃんがいたり、
お店を続けるおじさんがいたり・・・。 
被災しながらも明るく、たくましく暮らすタイの人たちの姿がありました。
タイ人の国民性だなとつくづく感じました。
もちろん辛い事も苦しい事もあるかと思いますが、
それを「どうにかなるだろう」と思える心の強さがあるのだと思います。
よくタイ人は「マイペンライ!」と言います。
それは「大丈夫、気にしないで!」と言う意味です。

私たちも「大丈夫。必ず神様が助けてくださる。」
と言う強い信仰を持って、
この苦難の先にある希望に目を向けて行ければと思っています。

                      文責:Yuri

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2011/11/25 10:15 】 | 中高生のあなたへ | page top↑
11月6日 中高科週報より
11月に入り、もう秋ですね。最近、朝晩肌寒くなりましたね。
日本には四季があって、春・夏・秋・冬が楽しめて、本当に恵まれていると思います。
先日テレビで暑い場所である、エチオピアの砂漠地帯が紹介されていました。
そこでは一年に2・3日くらいしか雨が降らず、
毎日50度以上ある場所で生活されている人たちがいました。
でもそこに住む人たちは、暑い中にあっても、様々な知恵をしぼって、
本当につつましい生活をしていました。
水は限られているため、弱い立場にある子どもやお年寄りに優先して飲ませていました。
家も暑さを避けるための家、風を避けるための家、祈るための家といって、
目的によって使い分けて住んでいました。
 そう思うと、私たち日本人は知恵を絞らずに、
なるべく苦労しないよう、どうしたら楽が出来るかと言った事ばかり
考えているように思えてきました。
直ぐに機械に頼ってしまったり、楽な道を選んだり、
面倒な事から逃げたりしてはいないでしょうか??
「高けりゃ高い壁のほうが登ったとき気持ち良いもんな
 まだ限界だなんて認めちゃいないさ」
これは私が高校生の時に、現代文の授業の中で好きな言葉として選んだ、
ミスチルの「終わりなき旅」の歌詞です。 
「辛い」と思いつつも頑張って乗り越えた、試練の先に
必ず素晴らしい景色が待っています。
苦労や我慢などの試練は私たちに必要なことなのです。
 
                       文責:Yuri

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2011/11/25 09:56 】 | 未分類 | page top↑
| BLOG TOP |