02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

今、考える事

2009年03月09日
教会ではこの時期、イエス様が十字架に架けられたときの苦しみ、痛みを覚えながら過ごします。
人によっては断食をしたり、または食事を制限したり、自分の楽しみをセーブしたりして、
自分を見つめ直し、罪を悔い改めてイエス様の十字架の痛みを覚えるときです。

私達は痛みを覚えるより、自分に楽な方を求めがちです。
自分の罪を認めるより、人の罪を指摘したいものです。
これが私達の根本の罪です。
私達は人との関係で考えたくなりますが、人がどうであれ、
神様の前に自分がどうだろうか、問う事が大切なことです。

ですので、人との関係から考える、という思考回路から解放されない限り、
私達の心の平安はありません。

イエス様の事を覚える今、一度静かに自分の中の奥底にあるものをのぞいてみませんか?
きっと今ある自分の苦しみから解放されると思います。

文責:副牧師
中高生のあなたへ

悔い改め

2009年03月02日
悔い改めってなんだろう?
聖書には「悔い改めなさい・・・」とたくさん書いてあります。
神様の前に出て、自分を見つめて罪を認め、
そして神様に告白して許していただくことです。

自分の罪を認めるという事は苦しいことです。
見たくない自分を見つめる事です。
見たくない自分を見た時、人は言い訳を言いたくなります。
本当は私は良い人なのに、周りがそうさせた、とか
本当は違うのにはめられてしまったから、こうなったとか。
いつも心の中で言い訳をしていませんか?
少しでもそのような心が残っているなら、
本当に自分の罪を見る事は出来ません。
罪を見ないかぎり、いくら神様の前に「ごめんなさい」と言っても
それは許してくださいません。

そう考えると悔い改めって、そう簡単にできるものではありませんね。
本当に自分の罪と向き合うことができるような
素直な人間になりたいものです…。

文責:副牧師
中高生のあなたへ
 | HOME |