07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

本を読む、ということ。

2017年07月08日
わたしは自他ともに認める活字中毒の重症患者です。
何でも読んでしまいます。
読むものがない時は牛乳パックのラベルでもいい。
電車の中吊り広告が人に隠れて読めない部分があると、
全く興味のない内容でもイライラします。

知人の話。優秀な女性です。
トップクラスの進学校を出て、社会的にも地位の高い仕事をしています。
ご家庭は温かく、環境も良く、家族の仲もかなり良いように見えます。
が、どういうわけか、彼女は尋常でなく打たれ弱い。
何か言われる度に落ち込む、というようなレベルではなく、
ひっきりなしに褒められていないと不安で居ても立ってもいられない感じ。

ある時、「そういう事ってどこにでも起こるよね」みたいな話から、
だって、これこれの本にもさあ、とかなり有名な本の名前を出したところで、
彼女は、子どもの頃からほとんど漫画も本も読んでいないことがわかりました。
読書感想文のために一年に一冊、しかも後書きだけ読んできた。

そうか。この人は、自分の人生の他は何にも知らないんだ。
だからいつも「これでいいの?」と不安になるのか。

いきなり本を読むのはハードルが高いから、まずは漫画でも読んだら、と
お勧めしました。すると、「それって、現実逃避じゃないですか?」
さらに「時間の無駄だと思ってました」と。

2~3歳の子どもに「おおきなかぶ」を読む。何回も読んでもらいたがります。
彼らは、かぶが抜けなくて困っているおじいさんと、
次々に助けに来るおばあさん、まご、いぬ、ねこ、ねずみと一緒に
かぶを引っ張っているのです。そしてかぶは最後には抜けます、ちゃんと。

本を読む、って、別の日常、別の人生をちょっとかじらせてもらうこと。
そうして、がんじがらめになりがちな心を解きほぐすこと。
あるいは、安全地帯に片足を置いて、はらはらドキドキな体験をすること。

無駄でも現実逃避でもないですよね。
・・・と自分を正当化する。ふふふ。

澤田 直子


未分類

「できない」と言う時

2017年07月07日
子どもであれ、大人であれ、
「いやだ、できない」と感じる時があるものです。

旧約聖書では、モーセが神様から召命を受ける場面で、
何度も何度も「できません」と断ろうとして、
神さまに叱られています。

「できません」は、幾つかの理由を持っています。

①本当に、能力や経験が足りなくてできない、と思われる。
 もしわたしが、サッカーのナショナルチームに入れと言われたら、「できません」が正解ですね。
②チャレンジして駄目だった時のダメージを恐れているので「できません」
 もしあなたが牧師になりなさい、と言われたら、どうしましょうか?
③心と体の状況が整っていないので、考えられない。
 けがや病気の人に、激しい運動は勧められません。
 まだ治っていない何かが心にある時、新しいことには手が出せないものです。

しかし、なんとまた、世の中は、子どもたちに、大人に
「できるようになれ」「がんばればきっとできる」とあおることか。
「できる」という、見える事のみに価値を置こうとする危うさ。

さてさて、本当に本当に、大切にするべきことを
わたしたちはどれくらいわかっているでしょうか?

澤田 直子
未分類

教会の夏は休みじゃない!

2017年06月23日
梅雨に入ったというのに、何で雨が降らないの?
おまけにこの暑さ!

どちらかというと、わたしは暑いよりも寒い方が得意です。
この時期は、頭痛や軽い汗疹のかゆみとの戦いです。

でも教会の活動は、夏が結構忙しい。
まずは、教会学校の夏行事がある。
小松川教会では小学生の1泊キャンプ。
そして中高生は、教派のキャンプや地区のキャンプなど。
こちらは3泊4日という長いものもあって、
引率者もなかなか大変です。(若者って寝ないんだもん!)

でも、同じ年ごろの仲間と聖書漬けになって
一緒に賛美して祈り合うって、とても素晴らしい経験です。
だから牧師もがんばります。

皆さんの夏はどんな感じでしょうか。
なんだか、新聞で読んだけど、「夏休み最短で10日」って・・・ほんと?

でもまだ6月。とりあえず、十分な雨が降りますように。
でも水の災害が起こりませんように。

前任地は栃木県。雷の名産地。
あっちの方でも、雷の事故がありませんように。

澤田 直子

未分類

母という大仕事

2017年06月08日
わたし自身は、二人の男子を育て上げたので
まあ、母業のピークは過ぎたと言っていいでしょう。

息子たちは、母について(父についても)好き勝手なご感想を
好き勝手な場所・相手にある程度の節度をもって話せる年になりました。
必ずウケを取れる話、と思っているフシもあるな・・・
まあ、大人同士として良い関係と言えるだろう、と思っています。

でもね・・・母業は本当に大仕事。
年中無休、超長時間労働、報酬はゼロ。
できて当たり前、できないことを責められる。
子どもが病気をしてもけがをしても、わがままを言っても泣いても、
お母さんは何をしているの、という雰囲気になりがちです。

前任地の栃木県では親業講座を続けていましたが、
小松川教会ではまだ手をつけられないでいます。

でも、保育園で少しの時間でも小さな子どもたちと係わる中で、
自分の子育て時代とはまた別のリアルな子どもの姿を見られて、
お母さんたちの「子どもに振り回される感」も改めて実感できて、
この次に親業講座をやる時は、この経験が生きるかなと思ったりもします。

お母さんが幸せに生きられると、子どもも笑顔になります。
お母さんが自分の問題を解決しないままで苦しい子育てをすると、
問題は先送りされ、歪んで大きくなり、子どもの人生に影を作ることもあります。
幼い頃の抑圧感が大人になって爆発して人間関係を壊すことがあります。

やっぱり、子ども時代は、「子ども」をちゃんとやらせてあげないといけません。
親たるものは、余裕綽々と、「まあね、子どもなんだからね」と
ある種のいい加減さを持ちつつ、子どもにとってのしっかりとした壁でありたい。
ああ、やっぱり難しいことですね。

祈って祈って乗り越えてきたつもりなのですが・・・。
息子どもに何と言われるか、怖い怖い。

澤田直子





未分類

風薫る五月

2017年05月28日
みなさん、お元気ですか?
5月病になることもなく、休まずに学校へ通えていますか?

春のピクニック

中高科では、5月28日の礼拝後にピクニックに行きました。
礼拝後にみんなでスーパーに行き、予算内でお弁当やおやつを購入。
ワイワイとおしゃべりしながら選ぶのも楽しかったです。
当日は神様が晴天をプレゼントしてくださって、みんなで元気に喜んで出かけました。

みなさんも教会にお越しください。
中高科のメンバーと一緒に神様に祝福されて過ごしましょう。

【文責:kaz】
未分類
 | HOME | Next »