*All archives* |  *Admin*

≪10  2017/11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  12≫
2017-11-16(Thu)

「ページェント」

キリスト教主義の幼稚園・保育園なら、
必ず行うのが「ページェント」。
イエス様の降誕劇です。

わたしも50年以上前のことですが、
カトリックの幼稚園に行っていたので、
ページェントに出ました。

最初は天使の役だったので、とても嬉しくて、
楽しみにしていたのですが、ある日、先生に呼ばれて
天使じゃなくて「かいせつ」の役をやってほしい、と。
何でしょう、「かいせつ」。

これはいわゆるナレーションでした。
3人いて、それぞれ長い文章を丸暗記して、
劇の最初に、幕前に並んで出て、状況説明をする、というものでした。
自分で言うのもなんですが、記憶力と活舌の良さを買われた配役でした。

衣装は、化繊のサテンの鮮やかな緑のスモックで、
手にはキャンドルを持ちました。
大好きな先生に頼まれたので断れなかったものの、
白いふわふわした天使の衣装はとてもきれいだったので、
あまりの違いにがっかりしたことをよく覚えています。

それから、「ガリラヤ」がうまく言えなくて「ガラリヤ」に
なってしまい、何度も注意されたことも覚えています。

それから数十年後、プロテスタントのキリスト教幼稚園で。
うちの長男次男は、ページェントでは二人とも「羊飼い」。
長男が役に入れ込むあまり、クリスマスなのに、寒いのに、
(当時の幼稚園舎は寒かったのです)
「羊飼いはハダシ!」と譲らず、そういう子がもう一人いて、十人のうち
二人だけ裸足の羊飼いが出てきたのは、今でも語り草。

うちの子たちが行った幼稚園では、年長組だけが
ページェントを演じましたが、白百合保育園では全員出演です。
一番小さい子たちは、白い服を着て「羊」と「小羊」。可愛い!

ページェントの歌を練習している声を聞いて季節を感じるなんて、
幸せなことだなあ、と思います。
いえ、実際には、保育の現場は大変なんです。
でも、小さな子どもたちと先生と、みんなが力を合わせないと決してできない、
こういう大きなチャレンジがある、できる、って、平和ならでは。
感謝と喜びをもって、当日を迎えられますように!

澤田直子



2017-10-26(Thu)

「ママはぼくよりスマホが大事」

今朝の新聞で、あ、やっぱり、と思いつつも、
改めて衝撃を感じる記事を読みました。

子どもへのアンケート調査で、
親が自分よりもスマホに気を取られている、と
感じたことがありますか?という問いに
多くの子どもが「ある」と答えた、ということです。

牧師生活14年目、まだまだ未熟ではありますが、
わたし自身2人の子どもを育てたからか、
(あるいは自分の育ちに問題を感じていたからか)
多くの親子のお話を聞いてきました。
中にはかなり深刻な状況にある親子もいましたし、
完全に破綻しているように見える親子関係の中で育たざるを得ず、
成人してからも心の病に苦しんだ子もありました。

子どもが健全に育つためにどうしても必要な感覚があります。
それは、「わたしはママに(パパに)とって、特別に大切な存在だ!」と
感じること。

その感覚を得たいがために、子どもは時には
ぐずり、わがままを言い、時には良い子であろうと頑張りすぎ、
時には失望して、もうどうでもいい、なんて言ったりもします。

自分の子ども時代を考えても、
他の誰に認められても物足りなくて、自信にはつながらなくて、
やっぱり、親の目に「あなたはすばらしい子」と
映りたかったんだなあ、と思います。

そりゃ確かにスマホは便利で面白いでしょう。
退屈しのぎとしても、逃げ場としても優秀です。
でもね。
スマホが提供してくれるものは、誰にでも、どこにでも提供されるものなんです。

それに対して、子どもが親に見せてくれる顔は、
親だけに向けられるものです。他の人には見せないもの。
親も子も、お互いに大切に思いあっていることは間違いないのに、
その気持ちを表わせていないとしたら、本当にもったいないことです。

この新聞記事を多くの親が読んでくれるといいなあ、と思ったことでした。

澤田直子
2017-10-13(Fri)

やっぱり雨だった!

雨でした、保育園の運動あそび。
昨年と同じく近所の小学校の体育館をお借りしました。

次の日、日曜日はスカッと晴れて、
あ~あ、と思いましたが・・・

火曜日に、子どもたちとお散歩に行きました。
お天気が良かったら運動あそびをしたはずの場所で、
全クラスでリレーをしました。

でも、すごく暑かったのです。
ああ、これ、ここでお天気の日に運動あそびだったら、
小さな子たちは暑さでまいってしまったかも、と思いました。

そう考えると、体育館での運動あそび、
あれはあれで良かったのかな。
神さまの最善が現わされてああなったのかな。
なんてことを思います。

それにしても、本来なら1年の中でも一番良い季節のはずの
10月なのに、日替わりのように暑かったり寒かったり、
いったいこれは何なのでしょう。やっぱり異常気象でしょうか。
子どもたちを送り迎えする保護者の方々も、
定まらないお天気で大変そうです。

10月には親子遠足もあるのですが、
こちらはわたしは参加しないので、たぶんお天気になるでしょう。(!?)
超絶雨女の評価が定着した澤田直子でした。
2017-09-29(Fri)

「運動あそび」もうすぐです

教会附属白百合保育園では、
10月7日(土)に運動あそび(いわゆる運動会)を行います。
保育士の先生方は、準備が大変そうです。
子どもたちがつけるお面や、小道具類もみんな手作りなんだもの。

一日中子どもたちと過ごして、
その合間や仕事が終わってから作っているのか・・・えらいなあ。

かくいうわたしも、午前中は保育園で子どもたちと過ごしています。
(遊ばれています)
子どもたちはかわいいですが、エネルギーのかたまり。

特に今のように、大きな行事の前には、
緊張や不安があっても言語化できない年齢の子どもは、
行動や態度に現れます。
わけもなくぐずったり、わざと言う事をきかなかったり。

こちらに余裕がある時は、
「ふふふ、かわいいやつよ」と思うのですが、
そんな悠長にかまえていられない時もあり、
自分の至らなさにがっくりしてしまったり。

育児は育自とは、よく言ったものです。

さてさて、雨女のわたしのせいでしょうか、
昨年の運動あそびは雨が降りまして、
近くの小学校の体育館をお借りして行いました。

なんと、今年も雨の予報が出ているのです!!!
嫌だよー、今年は外で広々と子どもたちを走らせたいよー、と
今からしっかりお祈りをしています。

このブログを読んでくださった方は、
ここまでお付き合いくださったついでに、
「10月7日午前中はお天気になりますように」と
お祈りしてください。お願いします!

澤田 直子

2017-09-24(Sun)

10月1日 夕礼拝

10月1日の夕礼拝は、日本基督キリスト教団 更生教会の山口紀子牧師がお証とメッセージを担当してくださいます。
山口先生は2007年度に小松川教会の派遣神学生としてご奉仕くださっていた懐かしい方です。

山口紀子先生夕礼拝 

↑クリックすると大きくなります。

どなたでも、ぜひお越しください。お待ちしています。



(文責:kaz)
プロフィール

小松川教会ホームページ委員会

Author:小松川教会ホームページ委員会

小松川教会は、「聖書は神の言葉、全人類にとっての救いの言葉」と信じる健全な聖書信仰に立つプロテスタント教会であり、全国に約1700余教会ある日本基督教団に属しています。

モルモン教、ものみの塔、統一教会とは一切関係ありません。
澤田武主任牧師

澤田武主任牧師

澤田武主任牧師


澤田直子牧師

最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター