FC2ブログ

小松川教会よりあなたへ

東京都江戸川区北葛西にある日本基督教団小松川教会ブログです。ホームページ委員会が更新していきます。




冬空 :: 2019/01/24(Thu)

わわわ、一か月もブログ書かなかったのね!
クリスマスからこっち、ものすごく忙しかったんです~。
まだ年末年始の疲れが凝っておりまする。

それはそれとして。
小松川教会があるのは、江戸川区の葛西地区です。
冬になると、何しろ空が青い、青い、青い!そして雲一つない。

わたしは栃木県宇都宮市で生まれ育ちました。
北には日光連山があって、山から吹き下ろす風はとても冷たかった。
そして、たぶんこれは方言だと思いますが、
どんなにお天気が良い日でも、お昼を過ぎると「しぐれてくる」

「しぐれる」とは、雨か雪でも降りそうな厚い雲が垂れ込める、
そんな光景です。
日本海側に比べれば、午前中だけでもすっきりと晴れるのはありがたい。

でもでも、ここ江戸川区では季節を問わず、天気の良い日は
青空が広がって、広がりっぱなしで夕方に、夜になります。
なんか、これがものすごく好き。

小松川教会に赴任して三年目、
場所にも人にも好きなところはいっぱいあるけれど、
「青空」を東京で見つけるとは思いませんでした。

あとね、東西線で荒川を渡るところも大好きです。
新川沿いをお散歩するのも良い気持ちです。
忙しくて、あまりリラックスする時間がないし、
お出かけもほとんどできませんが、
人間、「好き」っていうものが一個二個あると、
けっこう元気になれるものです。

そして、わたしって、こんなに青空が好きだったんだ!と発見。
自分のことでも、案外わからないことがあるものです。
そう思うと、年を重ねるのも面白くなってきます。

皆様の2019年、新しい、楽しい発見がありますように。
澤田直子



  1. 牧師のつぶやき

ブログの更新 :: 2019/01/22(Tue)

「小松川教会よりあなたへ」

更新がなかなかできず、広告が表示されてしまいました。

現在、広告がでないように、新しいブログの作成を進めています。
しばらく、お待ちください。

作成作業が終り次第、ご案内いたします。

管理者

テーマ:聖書・キリスト教 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. お知らせ

ページェント礼拝 :: 2018/12/06(Thu)

教会の暦では、アドヴェントの始まりが新年でございます。

クリスマスに向けて緊張感のある日々となります。
キリスト教主義の保育園幼稚園、学校でも、
おそらくは1年で一番盛り上がる(!?)季節でしょう。
小松川教会附属白百合保育園でも、12月は何と言っても「ページェント礼拝」です。

「ページェント」とは、イエス・キリストの降誕場面を劇にしたもの。
ヨーロッパやアメリカでは、町ぐるみ村ぐるみ総出で
一年かけて準備する大がかりなものもあるそうです。

保育園でも、年長クラスの子どもたちは内容もわかっていて、
どの役も大切だと理解していますが、
だからといって、どの役でもいいや、とはなりません。
やっぱり、憧れの役・やりたい役があるわけです。
で、子どもたちは納得いくまで話し合いをします。これは大切なプロセスです。

年中クラスの子どもたちは、男の子はローマの兵隊さん役
女の子は天使の役と決まっていますが、
時々、男の子でも天使がやりたかったりして、ちょっとだけ葛藤している子もいます。

3歳クラスは羊飼い、2歳クラスは宿屋さん、0・1歳クラスは「羊」。
小さくとも子どもなりに、役の大切さはよく分かっています。
一生懸命やろうとしています。…でも、そこはやっぱり幼い子どもですから、
その日のご機嫌や体調で、あるいは緊張で、いろんなことをやらかしてくれます。

おふざけに走る、頑として動かない、泣く、座り込む、ぐにゃぐにゃする…。
何でもない時には可愛い姿も、「ここ一番」って時にやられると、もう!

幼い子どもの葛藤する心に寄り添ってあげたい、とは思うものの、
1人に寄り添うと、ボクもワタシも、と収拾がつかなくなるのがお子様がたの常。
時には叱り時には一緒に笑い、何とか事を進ませる保育士はすごい!と思います。

こういう時こそ、大勢の中の一人じゃないよ、
あなたが大切なんだよ、と伝えてあげたい。
ページェント礼拝がんばろうね、だけじゃなくて神様の愛を伝えてあげたい。
と、わたしも葛藤しつつ、子どもを「ほら!こっち」と並ばせているわけです。

今年もリアル「戦場のメリークリスマス」です。ふふふ。

澤田直子




  1. 牧師のつぶやき

もうすぐアドヴェント :: 2018/11/30(Fri)

教会にとっては、11月に入るともうクリスマスまでノンストップ。
まず、11月の第1週に「聖徒の日」というのがあります。

これは、その教会の創立から今までの教会員で
すでに天に召された人たちを偲んで、
共に礼拝を献げる、というもの。礼拝後に墓前礼拝もします。

第2週は「子ども祝福式」 教会版の七五三ともいえるかも。
ただし、男女や年齢は関係なく、おおむね小学生くらいまでを対象とします。
イエス様が、子どもを抱き上げて祝福された故事にちなんで、
牧師が子どもの頭に手を置いて、祝福を祈ります。

第3週は何もない年もあって、
第4週が収穫感謝礼拝。
聖書由来の行事ではありませんが、(教会史由来かな?)
果物や野菜を持ち寄って分かち合います。

で、12月に入ればアドヴェント。日本語では「待降節」
待降の「降」は「降誕」の「降」ですね。
イエス様がお生まれになったことを、
天から世に降りて来てくださった、ということで、
降りる、という字を使います。

この日を待つ期間がアドヴェントです。
クリスマス礼拝から4週前の日曜日(今年は12月2日)から始まります。
世の中では、ハロウィーンが終わるとすぐにクリスマス仕様になりますが、
教会ではアドヴェントを待ってツリーやリースを飾ります。

アドヴェントクランツに4本のキャンドルを立てて、
1週ごとに火を灯すキャンドルを増やし、
全部に火が灯ればクリスマス。
わざわざ時間をかけ、手間をかけて、待ち望む気持ちを表します。

小松川教会でもたくさんのクリスマス行事が予定され、
皆さん準備に追われています。もちろんわたしも。

でも、できるかぎり、一回一回を大切に、
そこにいる人たちとクリスマスを喜びたいと思っています。
明後日からいよいよアドヴェント。がんばろ!

澤田直子




  1. 牧師のつぶやき

ハロウィーンは! :: 2018/11/03(Sat)

ハロウィーンは教会行事ではありません。
教会学校やミッションスクールでは、
今でもハロウィーンを行事として取り入れているところがあるのかな?

でもハロウィーンはもともとから民俗行事であって、
宗教的なものではないんです。

じゃあ、どうしてキリスト教会とハロウィーンが結びついてしまうのか?
宣教師が日本に来て、福音伝道をしようとした時に、
強力な宣伝方法の一つが「英語教室」でした。
(今でも、モルモン教では無料の英語教室を行っています。)

そして、英語教室では当たり前ですが欧米の習慣を取り入れ、
何だか少しだけハイソな感じ、憧れ的な感じを提供していたわけですね。

わたしの友人の一人は、カトリックの女子高で3年間経験した
「花の日」のキャンプファイヤーのロマンティックさがすごかった、
女子高生の心は鷲掴みにされた、と懐かしんでいましたが・・・
「花の日」とキャンプファイヤーに、あまり関連性ないしなあ。

まあ、ことほどさように、
日本人が欧米を感じて憧れて教会に来てくれるように、
江戸時代から刷り込まれて来た、キリスト教を敵視する思い込みを
解除する方法の一つとしてハロウィーンを利用してきたのかな、
とも思います。

日本では、あれよあれよという間に、
新しいハロウィーン文化ができつつありますね。
①夢と魔法の王国の、仮装大会。平和で可愛いお子様仕様。
②プリンもケーキもみんなカボチャ。時期が冬至に近いせいか抵抗感は少ない。
③渋谷に象徴される悪乗りの大騒ぎ。ハロウィーンというよりは野外無礼講仮装パーティー。

20年くらい前に、同じ年ごろの子どもがいるご近所さんと示し合わせて準備をし、
夕方、子どもたちが「トリックオアトリート!」と訪ねまわっては
(ズボンに尻尾つけて、ほっぺたにヒゲ描いた程度に仮装?させて)
飴チョコもらって喜んでいた、あの素朴な光景を思い出します。

ハロウィーンは教会行事ではありません。
キリスト教会の10月31日は「宗教改革記念日」です。
だからといって、キリスト教主義の幼稚園や保育園で
マルティン・ルター!ってわけにもいかないですものねえ。

前任地の教会でも、ここの保育園でも
英語のクラスの中で「トリックオアトリート!」やってます。

世に流されることなく、かといってけんかもせず。
難題だ。

澤田直子




  1. 牧師のつぶやき
次のページ